FC2ブログ
ROSELANI BLOSSOMS
HAWAII・ワン・ニャン
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フラ
今日・明日 
住まいの近くのハウジングで、ふらのイベントがあります。
今日は終わりましたが、明日もあります。よかったら観に来てね。
朝10時~5時まで色んなチームが踊ります。
私達は、11時20分からですよ。
バンドさん

今日のフラチーム(マカマカさん)

マカマカ
マカマカ 2

うちのチーム boysと混合です。
帽子に付いてるレイ・首に掛けてるレイは、それぞれが手作りしました。
オケカイ

先生

キッズ
バンドさん

boysとバンドさん

カヴァイレレさん(バンドとチームカウラナバンドに、boys
boyとバンドさん2

明日もいい天気で、そう暑くなりませんように!
スポンサーサイト


独身の時の職場仲間と、東山動物園に行って来ました。
先回行った時は、雨・雷のひどい日でしたが、今日はいい日和でした。

遠足の子供達も沢山来てました。

めだか館も出来てて、ユキヒョウもお目見えで、楽しみに行って来ました。

ライオンはいつもの様に、寝てました。
オオカミにあかちゃんが産まれてましたが、運動場には出てきてくれませんでした。おかあさんが警戒してました。

でも、カバさんが すごいテンションで泳ぎ回っていました。

[高画質で再生]

かば [掲示板]

白くま

めだか館
めだか館

かえるさん、可愛かった~。
[高画質で再生]

かえる [ウィキ]


アリス イン ワンダーランド

観てきました。3D  面白かったからか、見終わった時早く感じました。
アバタの方が、スケールが大きい分見ごたえがあったかなぁ。

想像力豊かな19歳のアリスは、退屈な男ヘイミッシュから求婚され、困惑して逃げ出してしまう。すると彼女の前に懐中時計を持った白いうさぎが現れる。うさぎのあとを追ったアリスは、あやまってうさぎの穴に転がり落ちてしまう。アリスがたどり着いた先は、アンダーランドと呼ばれるワンダーランド。その不思議な国は、独裁者・赤の女王によって支配されており、そこに暮す奇妙な住民たちは暗黒時代を終わらせる救世主の登場を待ちわびていた。そして、彼等はアリスこそがその救世主だという…。
[ 2010年4月17日公開 ]

IMG_5249[1]


PC修理
ここ一ヶ月程、1時間位使ってると、プッッと突然電源が切れてしまう。
この機会にcドライブも、赤くなってるし(容量オーバー)修理に持っていくことにしました。
ファンかもとお店の人が。1ヵ月位かかるかもしれませんとの事ですが、置いてきました。
 
娘ⅡのPCを借りまして、載せています。

PC コメント0 page top


連休
連休は田舎(父の一周忌)に行って来ました。
デジカメを家に忘れたか、携帯での撮影です。
2日 主人の兄弟・つれあいの8人で、湯の峰温泉に行って来ました。
兄達は電車で、私たち夫婦は別に車で向かいました。
近くなのに、速玉神社・熊野大社も行った事がなくて、今回熊野三山に行った事になります。(那智大社は行った事があります)

湯の峰温泉[ゆのみねおんせん]歴代天皇も入湯した由緒ある日本最古の名湯

平安の昔から熊野詣での湯垢離場として栄えた、日本最古ともいわれる古湯。その源泉のひとつが「湯筒」と呼ばれ、湯の温度は90℃ほど。温泉は成務天皇の時代に開湯したと伝えられ、スーパー歌舞伎で有名になった小栗判官と照手姫の舞台であるつぼ湯(30分交代、貸切制)は、入浴できる温泉としては、初めて世界遺産に登録され話題を呼んだ。温泉街は湯の谷川沿いにあり、湯けむりに包まれ温泉情緒を満喫できる。宿は「花や木の宿伊せや」や「あづまや」など、老舗和風旅館から民宿まで幅広くある。地元客で賑わう「湯の峰温泉公衆浴場」もある。近辺の熊野古道や熊野本宮大社も訪れたい。


伊せや に泊まりました。
伊せや
前を流れる川で、足湯ができます。横の一角にゆでたまご・とうもろこし・おいも・などを湯がく所があります。
ゆで卵にして、食べました。
足湯
全員

 熊野三山は熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社の3つの神社の総称であり、全国にある熊野神社の総本社です。平安時代以降に行われた熊野詣においては「蟻の熊野詣」と呼ばれるほどのにぎわいを見せ、皇族・貴族を始め多くの人々が熊野三山を訪れ、当時の逸話は様々な形で現在にも伝えられています。熊野川は熊野本宮大社と河口の熊野速玉大社を舟で結ぶ主要な参詣道であり、本宮大社にたどり着いた参詣者の多くはここから舟で熊野川を下り、新宮の速玉大社に参詣しました。このため、熊野川は「川の参詣道」として世界遺産に登録されています。

熊野川は熊野三山を結ぶ川の参詣道で、かつて熊野川の恩恵を受け、川と結びついた生活文化がありました。「熊野川体感塾」は、熊野川流域の住民と川舟船頭・語り部で構成され、川舟「三反帆」による川下り事業(要予約・有料)を核として、世界遺産・熊野川の魅力をまるごと体感できる交流空間づくりを目指しています。

次の日は三反帆(さんだんぼ)で巡る 熊野川体感ツアー
kumano_image2.jpg

iti481176972932Cb.jpg

4時間程、所々下船しながらのツアーでした。
三反帆は風の力で川上に進みます。時々船外機を使います。
川の真ん中が三重県と和歌山との県境です。




Copyright © ROSELANI BLOSSOMS. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。